空室対策
  • ホーム
  • 空室対策
  • サブリース(一括借り上げ)

サブリース(一括借り上げ)

賃貸経営においては、
いかに安定した家賃収入を確保するかが重要です。
高入居率を維持できればいいですが、
退去者や家賃滞納者が発生した場合、
健全な賃貸経営が滞る危険性があります。

そのようなリスクを回避し、
安定的な収益を担保するための方法としてサブリースがあります。
賃料の総収益から一定の保証料をお支払いいただくことで、
確実な家賃収入を保証いたします。

サブリースとは

サブリースとは、オーナーさまの物件を借り上げ、それを入居者さまに転貸するシステムのことです。オーナーさまと管理会社、管理会社と入居者さまとの間で賃貸借契約を結び、空室の有無に関わらずオーナーさまへ毎月一定額の家賃収入をお支払いいたします。オーナーさまにとって面倒な管理業務や空室対策の一切も請け負いますので、日々の管理業務に手を煩わせる必要はありません。オーナーさまと管理会社、そして入居者さまのそれぞれに利用価値のあるシステムなのです。
利用価値のあるシステム

ツインライフのサブリース

サブリース契約を締結するに当たり、プロパティマネジメント(賃貸管理)に精通したスタッフがオーナーさまの所有する物件の立地条件や物件特性、マーケティング調査、家賃分析などを徹底的に行います。市場動向を適切に把握し、競合物件との差別化を図るために、必要に応じて修繕計画をも含めた長期的事業計画をご提案。収益として得られる想定総賃料を算出し、保証料・保証賃料を決定します。そして、当社独自の入居者募集活動により、他会社仲介店と連携していち早く入居者を決定します。
市場調査・家賃分析・長期事業計画・保証料・保証賃料決定・契約・入居者募集活動・運営

サブリースの業務内容

ツインライフでは次の業務を一括で請け負います。オーナーさまは毎月の入金を確認していただくだけでOKです。
物件の一括借上・入居者の管理・対応・賃料管理(集金・催促)・入居者の募集
建物管理(別途契約)・契約書の作成・契約金の授受・契約更新業務
鍵の管理・退去の立会い業務(鍵の回収、補修の手配)

サブリースのプラン

ツインライフではオーナーさまのニーズに合わせた2つのプランをご用意しています
サブリース(定額プラン)
サブリース(収益変動プラン)

サブリースの8つのメリット

定額の家賃収入で安定を確保

ツインライフのサブリースなら、空室の有無に関わらず、オーナーさまは毎月一定の契約家賃をお受け取りいただけます。収入が安定化することで安心して事業計画を立てることができます。解約連絡の都度返済が不安といった状態からすぐに解放されます。

入居者募集・トラブル対応など、面倒から開放されます。

サブリース契約では、入居者募集から契約・解約にともなう手続き等の一切を当社が行ないます。入居後のトラブルやクレームにもすべて当社が対応いたしますので、オーナーさまご自身が入居者さまと直接やりとりをしていただく必要はありません。煩わしい業務を省くことで経営に専念できます。

建物の管理もバッチリおまかせ

もちろん建物の管理もしっかりと行ないます。当社では社内に専任スタッフがおりますので、万全の態勢で長期に渡ってオーナーさまの建物をしっかりお守りいたします。毎月の管理状況をまとめたレポートもお送りいたしますので、遠方にお住まいのオーナーさまもご安心いただけます。

面倒な確定申告も簡単になります。

通常の賃貸住宅オーナーさまの確定申告では、各部屋ごとの入居者さまの家賃や契約情報を申告しなければなりません。サブリース契約では、オーナーさまと当社との単独の賃貸契約のみになりますので、煩わしい部屋ごとの申告は必要ありませんので、手続きが簡素化されます。

融資も受けやすく、「積極的満室経営」を協力推進

サブリース契約は、オーナーさまに一定の家賃収入を保証するものです。空室発生による収入減少のリスクもなくなり、安定した経営が見込めるため、事業拡大による物件購入時やリフォーム時などに銀行等の金融機関からの融資が受けやすくなります。※金融機関・条件によって異なります。

高入居率ブランドが自慢です

最近よく耳にする突然のサブリース契約解除。これは、そのサブリース会社の空室対策ノウハウに問題があると言えます。当社の強みは高い入居率。独自の空室対策プログラムによって「選ばれる物件づくり」、「早く決まる募集体制」を実現していますので、更新時にも保証賃料が下がりにくく、長期に安心なサブリース契約を可能にしています。

出口対策も安心

いまや「投資商品」となっている賃貸不動産。相続や売却など、「賃貸経営の出口」を意識した経営が求められる時代になっています。高い入居率を維持する物件は利回りも高いですから、売却の際にも有利になります。したがって、保有しても良し、売っても良しとなり、事業承継のされやすい環境づくりにも繋がります。

節税対策にもなるんです。

入居率が低下すると節税効果が下がります。「空室」の存在は「固定資産税の評価減」に繋がってしまいますので、百害あって一利なしなのです!サブリースなら常に満室の借り手が存在している状態を維持できるので、非常に有効な相続対策となるのです。
ツインライフは東証一部上場JPMCに加盟しています
当社は東証一部上場の日本管理センター(JPMC)に加盟しています。JPMCとはJAPAN PROPERTY MANAGEMENT CENTERの略称です。日本管理センターが一括で借り上げているアパート・マンションは全国47都道府県に所在します。全国で1200を超えるパートナー企業と共に一括借上家賃保証(サブリース)をご提供しています。

東証一部上場の安心感 全国56,000室の借り上げ実績

日本管理センター株式会社
サブリース・気になるQ&Aもご紹介!特設サイトはこちら